三河地域 、愛知県岡崎市欠町で音楽療法(ミュージックセラピー)を通し、障がいを持つ方の成長・発達・豊かな心づくりのお手伝いをしております。

三河 岡崎市の音楽療法(ミュージックセラピー)はMGW研究所
RSS

過去映像

カテゴリ : ♪ 音楽療法関連

■  1/17のブログに、VHSの映像をDVDに、

     変換していることを書いた。

     しかし、作業の段取りがよく分からず、

     手さぐり的にやっていたので、

     あまり進んでいなかった。

 

     昨日、少し時間があったので、またやってみた。

     今度はもう少し要領が分かってきた。

     映像の質は劣化しているが、

     何とかデジタル情報になっているようだ。

 

■  内容の確認のために、

     変換前のVHSと、返還後のDVDとの映像を見てみた。

 

     ずいぶん以前の自分のセッションである。

     のびのびとやっている。

     いろいろと再発見もあり、新鮮にも見える。

     過去の映像から、

     現在のセッションを振り返ってみることもできそうだ。

風景写真(東京にて)

カテゴリ : ・ 随想

■  講座の翌日(121日)にお訪れた先の写真です。

     東京では、一週間前に降った雪が、まだ残っていた。 

 
・<大國魂神社(府中)にて>

 

     府中は、ずっと以前のことだが、

     かつて私の住んでいた所だ。





     境内に「纏」が立てられ、

     そばに鳶の人たちと神官がいた。

     何かの行事の日であろうか。

 

 

・<東京駅にて>





 

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

アーカイブはこちらへ → http://mgw.blog.ocn.ne.jp/blog/

 

講座 / 12の自我機能

カテゴリ : ♪ 音楽療法関連

■  1月21日(日)は、新宿にいた。

     松井紀和先生(精神科医・日本の音楽療法界のパイオニア)の

     講座を受けるためだ。

     5時半起きで出かけ、10時から17まで講義を受けていた。

 

■  この講座は、音楽療法の臨床に携わるベテランを対象にして、

     毎年開かれているもので(定員20名)、

     (音楽療法の)臨床家に必要な様々なテーマが展開されてきた。

 

■  今回は、昨年の『力動精神医学』関連の内容を引き継いだもので、

     歴史的な流れ、いろいろな考え方の変遷、現在の状況等や、

     防衛機制についてのおさらいから始め、

     『Bellak..L の12の自我機能』についての講義があった。 

 

     臨床家としてのご自身の体験も踏まえた話の展開で、

     いつもながら中身の濃いお話を伺うことが出来た。

 

■  講義に引き続きワークショップも行われた。

     「まぁ、ゲームとしてやってください」という注意(?)もあった。

 

     ①  まずは「文章完成」と「はめ絵完成」を行い、

          それを隣同士で交換する。

     ②  そのお隣の人の人柄を、①のデータから推測し文章化しておく。

     ③  互いに相手がどのように見えるかを伝え合い会話をする。

         さらに、臨床の対象分野として、

         その人には何が向いているように見えるかを伝える。

                                                       ・・・というものである。

 

   自分自身を言葉で表すことと(意識)、

     何かの形で投影すること(無意識)、

     自分の見ている自分と、

     他者から見た自分とに気づくこと、

     ・・・といった事柄の入った「ゲーム」のようである。


     この一部始終を、松井先生がご覧になっている。

     これだけでも、「熟練した人」ならば、

     その人の12の自我機能を理解することが出来るとのことである。

 

 ■ 今回も、自分の臨床や、自分自身をより深く見つめる機会となった。

アンプ内蔵ベース

カテゴリ : ♪ 音楽療法関連

■  昨日、ネット販売で購入した、

     「アンプ内蔵エレキベース」が届いた。

 

     エレキベースはアンプが無いと音が出ない。

     アンプは少々かさばり重いのだが、

     施設等でのセッションでエレキベースを使いたいときには、

     このアンプも持ち運ばなければならない。

 

     いろいろな楽器や小道具の類と共に、

     このアンプをMGW研究所2階から車まで運び、

     現地で車から下ろして会場まで持って行くのは、

     結構大変である。

     そこで以前から、

     アンプ内蔵のエレキベースがあるといいなと思っていた。

 

■  楽器店の店頭で、実物を手に取って吟味したかったのだが、

     お店には置いてなく取り寄せになるという。

     手に取って見定めることが出来ないならば、

     ネットで購入しても同じこと。

     ネットで調べてみると、

     「このモデルなら・・・」というものが見つかった。

     価格比較のサイトにかけてみると、

     各ショップとも値段はだいたい似たり寄ったりである。

 

■  ・・・こうして、アンプ内蔵エレキベースが届いた。

     手にしてみると何かショボイ。

     思っていたほどには音量が出ていない。

     ギターマイクが弦の振動をずっとひろってしまい、

     ハウリングのような状態も起こる。

 

     マァ、使っているうちに何とかなるだろう・・・。

映像変換

カテゴリ : ・ 随想

■  講演・学会発表・大学での授業等のために作成した、

     ビデオテープでのライブラリーが随分ある。

 

     必要に応じて、これらの映像を使いたいと思うことがあるのだが、

     最近は、行った先にビデオデッキの無いことが多い。

     置いてあっても、ただそこにあるというだけで、

     きちんと作動してくれるかどうか不安な場合もある。

 

     そこで、これらのビデオテープを

     DVDのディスクに変換する作業を、

     ボチボチとやっているところである。

 

     変換のデバイスは以前に購入しておいたのだが、

     なぜかうまく行かず、そのままにしてあった。

     説明書を読み直し、適合するディスクを買ってきて試してみると、

     なんとか変換が出来た。

 

     頭の中には、

     「あれを○○して、これとこれは△△して・・・」と、

     この際いろいろと編集したいこともあるのだが、

     またかなりのボリュームのマニュアルを読み込まなければならない。

 

     ・・・まだムリ。

      ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

     アーカイブはこちらへ → http://mgw.blog.ocn.ne.jp/blog/

前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ